自分を成長させる「仕事」

トップページ > PRIDE〜誇りとともに成長する心 > 自分を成長させる「仕事」

自分を成長させる「仕事」 奥田晃平さん(2006年入社)理工学部建築学科卒

どんな小さな悩みでも、すぐに相談してもらえる営業になりたい。

売ったら終わりではない、長いお付き合いができる関係

高校から大学にかけて建築を学んできましたが、建築というのは、主に病院や学校などの公共の建物が対象であり、住宅についてはほとんど知りませんでした。しかし、決まった形がなく、何通りものプランがあること、そして、人間にとって一番、大切な生活の中心となる「家」という建物に次第に興味を持つようになりました。そこで初めてハウスメーカーの営業職を興味を持つようになったのです。最初は建築の知識を活かした仕事を、と言っていた両親も、今では、人の生活に関わるやりがいのある仕事であると理解してくれています。

また、入社説明会で初めて、セキスイハイム中部には全国転勤がないことを知りました。当初は、この地域で働きたいという人への配慮だと思っていたのですが、実は、担当した営業がお客様のアフターサービスをいつまでもできるように、という考え方があることが分かりました。継続的に自分のキャリアを積んでいけると同時に、お客様とのコミュニケーションを大事にしていくこと、それらを両立できるこの制度も、当社を就職先に選ぶ決め手になりました。

迷って、戸惑って、立ち止まるよりも、まず行動

建築学部出身ではありましたが、住宅を提案する上でアドバンテージはほとんどありませんでした。それは、「家」というのは決まった形がありませんから、お客様のことを思う気持ち大切にし、ゼロからお客様の要望を形にすることからすべてが始まるからです。技術的に頭でっかちになってはできないことばかりです。ですから、私はあえてそのプロセスを仕事と捉えるのではなく、趣味のように自分が没頭できるものだと考えるようにしました。お客様のためならばと見方を変えればモチベーションも高まります。

しかし、まだまだ分からないことが多く、お客様に教えてもらうことも多々あります。奥様がキッチンでどのような動きをされるのかなど、後になって気が付くこともしばしば。そういうときは、迷って、戸惑っているのではなく、まずお客様に教えていただくようにしています。そうすることで、常に勉強でき、自らを成長させていく仕事になると思うからです。その結果が、お客様からどんな小さな悩みでも相談してもらえる存在になれるのだと信じています。

社員エピソードを見る

ページトップへ